• 全日本選手権での新型コロナウイルス感染症対策

全日本選手権での新型コロナウイルス感染症対策

2020年09月04日

一般社団法人 全日本フリースタイルBMX連盟
理 事 長   出 口 智 嗣


この度は全日本選手権の開催に際し、みなさまに多大なるご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、新型コロナウイルス感染防止対策として、選手、保護者ならびに大会関係者のみなさまには、以下のことをお願いいたします。ご自身の健康を守るため、また自分以外の来場者や地域の方の健康を守るためにも、良識のある行動にご協力をお願い申し上げます。


  1. 大会直近2 週間は、毎日の検温と行動記録を行いましょう。
    ご自身の体調把握に努めると共に、感染の疑いが生じた際に保健所等が速やかに行動歴の把握や濃厚接触者の特定ができるよう、備えておきましょう。

  2. 体調が優れない場合、陽性者との濃厚接触が疑われた場合は、勇気をもって欠席しましょう。
    無理をして出席した場合、選手・観客・他のスタッフや関係者、全員に甚大な迷惑をかけてしまう可能性があります。少しでも不安がある場合は、勇気を持って大会への参加を控えましょう。

  3. 基本的な感染対策(マスク着用、手指消毒、3密回避)を徹底しましょう。
    どうしてもマスクを外さなければいけない場合は、人と十分な距離(少なくとも2m以上)を確保しましょう。食事中など長い時間マスクを外す際は、向かい合って食べない、喋りながら長時間かけて食べないことに注意しましょう。
    ソーシャルディスタンシング(最低1mの距離)も意識しましょう。 
    ※家族はソーシャルディスタンシングの対象外です

  4. 多人数での宴会や長時間にわたる食事は、今は控えましょう。
    多人数でのつばの飛び交う飲み会や宴会、長時間にわたる食事は、万が一陽性者がいた場合に、クラスター発生を引き起こしてしまう可能性があります。今は我慢し、良識ある行動をとりましょう。また、食事の際は大皿を皆で囲むのではなく、お弁当など予め取り分けた料理を食べるなど、感染予防に努めましょう。

  5. 熱中症の予防に努めましょう。
    高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなります。人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。こまめな水分補給や涼しい場所での休憩も重要です。
    参考資料:厚生労働省「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

  6. 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) をダウンロードしましょう。
    感染拡大を防ぐための重要なアイテムの1つです。以下のURLから詳細を確認し、各自ダウンロードしてください。
    参考資料:厚生労働省 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) について


また、今回の大会は以下の各種ガイドラインに沿って運営いたします。みなさまに安心して楽しんでいただける大会となるようスタッフ一同気を引き締めて運営いたしますので、ご協力を何卒よろしくお願いします。


日本スポーツ協会作成
スポーツイベント再開に向けた感染拡大予防ガイドライン(2020/05/29)


日本自転車競技連盟
緊急事態宣言解除後の大会開催に向けたガイドラインについて(7月17日改定)


厚生労働省
「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント


新型コロナウイルス感染症対策分科会(第2回)
資料3-2(特にP40:「イベント開催等に係る基本的な感染防止策」を参考に)